BLOG

Go to top


管理画面の構築時間を計測する BuildTime プラグイン

May 24, 2008 7:28 PM

最近の Movable Type での制作の中でちょっと気を使っていることのひとつに、「管理画面の軽快さ」があります。Movable Type である以上「軽快」という言葉を使うのはふさわしくないかもしれないような気もしますが、そこはまあ見なかったことにするとして、デフォルトの状態からどれだけ「重くならないか」は結構重要な問題です。もともと重いから(←見なかったことにしてない)。そこで、思いつきで書いたのがこの BuildTime プラグインです。Movable Type 管理画面で、それぞれのページにおける動作をするのにかかった時間を計測し、さりげなーく表示します。タイミング的にさりげなーくしかできないのです。

概要

管理画面内の各ページにおいて、Movable Type アプリケーションが初期化されてから、クライアントに表示内容を送信し、アプリケーションが終了するまでにかかった時間を計測しています。計測結果はページの一番下に、ささやかに表示されます。それだけです。追加されるテンプレートタグなどはありません。

BuildTime プラグインでの計測結果の表示BuildTime プラグインでの計測結果の表示

BuildTime プラグインでの計測結果の表示(拡大)BuildTime プラグインでの計測結果の表示(拡大)

ダウンロード

BuildTime プラグイン(約 2.2 kb)

インストール

通常のプラグインと同様に、解凍してできた BuildTime フォルダを plugins ディレクトリ内にそのままアップロードしてください。正しくアップロードできていれば、システム・メニューのプラグイン設定に BuildTime プラグインが表示されます。

動作環境

Movable Type ver. 4 以降。3 でも動くようにしたいのですが、ソースコードを見たところ、アプリケーション初期化段階で呼び出されるコールバックがないようなのでやめました。あと、マイクロ秒まで計測する必要があるので、Perl モジュールである Time::HiRes を使っています。これは Perl 標準モジュール ですが、もしサーバーにインストールされていない場合は、インストールする必要があります。

注意点

計測対象になるのは、純粋にサーバ内での処理だけです。クライアント側で処理が行われる Javascript や、通信にかかる時間は対象に含まれていません。出力される数値は、体感速度とは異なると思います。なので、相対的な目安として使ってください。管理画面をいじる系、いわゆる Transformer 系のプラグインを入れる前と後などに計測しておくとよいでしょう。

あと、クライアントへの処理結果の送信が終わったあとに実行されますので、html タグが閉じられた後に計測結果の表示が行われます。これがささやかにしか表示できない理由なのですが、もし html タグが閉じられた後の内容を表示しないブラウザだったりすると役に立たないかもしれません。そのときはごめんね

お願い

基本的にご利用は無償かつ自己責任ですが、継続的な開発、更新のため、よろしければドネーションをご検討ください。以下のボタンから、PayPal を通じて行うことができます。

また、フィードバックもぜひ kenmin.okayama@gmail.com までお送りください。コメントでもかまいません。

Comments


Contact me

Copyright © 2005 - 2017 okayama All rights reserved.