DIARY

Go to top


2011-06-18

June 18, 2011 11:03 PM

社会の中で働く時間がそれなりに長くなってきて、それなりに仕事をこなすようになってくると、いい仕事をできる人はほんの一握りしかいないってことがわかってくる。自分が手持ちをこなすだけでも手に余るような状態だったときは、関わる人はすべてすごいな、と思ってた。もちろんそれを妨げる要因は外的であれ内的であれそれぞれにいろいろあるわけだけど、仕事をしているうちはやっぱりそういう部分も含めた上で、この人はこういう人、ということになる。でも僕はできるだけ他人をそう思いたくないし、自分もそう思われたくないと思っている。でもやっぱり、思ってしまうこともあって、そういうとき、この人はそういうことをどういうふうに考えてるんだろうなって思ったりする。


Contact me

Copyright © 2005 - 2017 okayama All rights reserved.